最高に楽しむ夏の始まり。OMMBikeに挑戦!
EVENT
2017/7/24

最高に楽しむ夏の始まり。OMMBikeに挑戦!

 
こんにちは。

梅雨明けもしないまま、海の日を迎えいよいよ夏休み到来ですね。
去年はお店をお休みして、Ridealive2016で思いっきり夏を満喫したことがついこの間のように感じます。
みなさんは、この夏どんな冒険の旅に出ますか?
 
 
PFMメンバーはそれぞれ違う形で夏と自転車を堪能する冒険に出ます。
まず、一発目は私コっぺKinuが冒険と言うよりもチャレンジをしてまいりました!
 

 
7月16日・17日の2日間で行われた、OMM BIKEというレースが開催されました。
最近お気に入りのマウンテンバイクをレースの相棒に選び、直前になってドタバタと山道を走る練習をしたりして、この大会に参加してきました。
 

 
OMM BIKEは、長野県の北部、白馬と小谷を舞台にした、自転車を使った宝探しみたいなレースです。Google Mapに載っていないようなトレイルの道を等高線地図を頼りに走り、チェックポインを見つけて回ります。走る速さやテクニックだけでなく、効率的に回るルートを組み立てたり、チームメイトとコミュニケーションをとって助け合ったりして、高得点を目指す、山を楽しむ全ての力が要求される大会です。
 

 
そして、このイベントの楽しみはレースだけではありません。レース後のキャンプでは夏の白馬という素晴らしいロケーションを存分に堪能しながら、最高に楽しくリラックスした時間を家族や仲間とともに過ごすことができるのです。
 
 

PFMの補給食


 
もちろん、PFMとして現場に行くわけですから、少し場所をお借りして焼き菓子の販売もしてきました。
レース前の朝ご飯や、レース最中の補給のお供にと買って頂きありがとうございます!!
 

 
趣味として自転車に乗るようになってからこのかた、レースというものにはほとんど参加せず、ワイワイと仲間で走るファンライダーだったので、レースなど激しい運動時の補給に対してあまり意識した事はありませんでした。ファンライドの時は、ハンガーノックにさえならないようにと、ハイカロリーのモノを作って食べたりしていました。
 
でも今回は、少しでもスポーツマンの補給に対して良いモノを・・・そしてPFMとして作るからには、もちろん“美味しい”が大前提。
 

  
色々と試行錯誤の結果、エネルギーとして代謝されるのが早いという特長のある”はちみつ”に注目し、『ハニーバー』を用意していきました。
マグネシウム豊富なドライイチジクやドライアンズを刻んでいれているので、多量の発汗や筋疲労などを伴う参加者達のパフォーマンスの持続補助ができたのではないでしょうか。
 

 
会場の他ブースでは、素材にとことんこだわって、運動する人たちの体を知り尽くした補給食がありました。
低GI値の食物やオーガニックドライフルーツ、グルテンフリーなど、色々と勉強してもっと良いものを作っていけるように頑張ります。
 
 

レースの方はといえば。。。


 
エントリーと同時に手渡される地図と睨めっこ。
コンパス片手に睨めっこ。。。
等高線って何?この線は何?ココは道ですか?
 

 
今やスマートフォンのマップ機能に任せっきりで、音声に従えば目的地につく時代。現在地がどこで、今どの方向を向いていて、目的地まで何キロあって、どんな道をしているのか。
現場で地図の読み方から教わり、ルートの相談。私たちのチームは男性2名、女性3名の混合チーム。5名中2名は外国人。地図も読めなければ、言葉も伝わらない笑 
でも気持ちは一緒。このレースを誰よりも楽しむということ!
 

  
スタート直前、チームイエロー気合いの一枚。
この先、まだ見ぬ、思った以上の険しい道のりが待っていようとは。
 

 

 

 
時には自転車を置き去りにして激坂を登ってみたり、担いでみたり。
草むらをかき分けて道なき道をグイグイと進んでみたり。
いつリタイアしようか。心が折れそうで弱音を吐きたくなる場面が何度かありました。
 

  
チェックポイントとなる場所には、SIステーションと目印のフラッグが設置されており、 携帯しているSIチップをパンチすることで記録が残るシステム。ハイテクですね。
何カ所か回って行くと点数が加算されどんどん楽しくなっていく気持ちとは裏腹に疲労が隠せず、チームの足をかなり引っ張ってしまいました。
 

 

 
OMMのユニークなところは、自転車とランニングのレースが同じコースで同時に行われる事です。
登りなんて自転車の私より速く走ってるランナーの方もいっぱいいました。『こんにちは!』『お疲れさまです。』『がんばりましょう!』なんて声をかけてくれる方も多くて、しんどくて今にも折れそうな私の心を救ってくれたのでした。
 

散々だったレース結果はさておき、まるまる2日間マウンテンバイクに股がり、緑溢れる山々を駆け抜け、辛さも楽しさも共有できた仲間がいたからこそ、この笑顔が溢れちゃいますよね!
 
夏の始まりにしてはとても濃厚でアツイ思い出ができました。
今後のPFMの夏の冒険をお楽しみに〜!
 
コっぺKinu 

COMMENT