今しかできない旅をしよう!
EVENT
2017/8/7

今しかできない旅をしよう!

 
今しかできない旅。
 
“be peaceful”を意味するBE-PALのライフスタイルムック『b✴︎p』。いつかの表紙に大きく書かれていて、わたしの頭から離れない言葉です。
 
33歳、亥年、獅子座(前だけ向いて、突進していきそう、、、w)一児の母(パティシエkaz)が、今しかできないスタイルで自転車で旅にいってきました。
 

 
今回の旅の行き先は、RIDEALIVE2017 / ライドアライブ Vol.2 水辺の夏休み in 静岡。
 
バイクパッキング+αのライドイベント”RIDEALIVE”。遊ぶ事と生きる事。その創造性を全力で楽しむイベントです。
 
ライドアライブに初めて参加したのは、4年前の夏。
出産後初めての長距離キャンプライドでした。
母になる前は、どこへでも自転車で行きたがる、ちょっと変わった娘だったので、久しぶりの長距離ライドにとても興奮したのを今でも鮮明に覚えています。
美しい景色に出会うたびに、いつか家族でこんな風に自転車に跨りライドができたら、なんて素敵なんだろうと考えていました。
そして、そのいつかが今回のライドアライブで実現したのです。
0歳だった息子も4歳になり、目で見たり、肌で感じることに興味津々、思ったことを直ぐに言葉で伝えてくれます。そんな純粋な言葉にハッとすることもしばしば。だから、息子との会話が楽しめるスタイルで自転車で旅に行ってきました。
 
今回の旅の相棒はわが家で大活躍のBike Friday / バイクフライデー
荷物も運べて、子供とおしゃべりできて、パパチャリ、ママチャリにもなる、一家に一台どうですかwってぐらいの優れものです。
 
旅は旅支度から始まっており、ワクワクするものです。
 

 
サイドバックを手作りするところから始まり(←旦那)
 

 
息子の必需品を入れるRALのフロントローダーをカスタムし、フィットするように取り付け(←旦那)
 

 
長旅で疲れたら眠ることができるように、ハンドルはSURLYのモロコバーにしたのです。(←旦那)
 
旅の準備はバッチシ(←わたし、何もしとらんやんw)で当日を迎えました。
 
 
わたし達はGreenCog 山本雄一郎さんがルートを先導してくれる、浜名湖一周キャンプインコースでゴールを目指し、満面の笑顔でスタートをきりました。
 

 

 
30度を超える暑さの中のライドはなかなかハードでしたが、美しい景色とライド仲間の笑顔に励まされ楽しんでペダルを踏むことができました。(体力と時間が足りず、わたし達は浜名湖半周になりましたが、、、。)
 


 
自転車に乗り、陽の光に照らされた浜名湖を見て、「パパ、ママ、シルバニアファミリーに出てくるキラキラ湖みたいだねー綺麗だねー」って会話をしたり、遊覧船でゴールに向かうみんなに「また、後でねーキャンプ場で遊んでねー♪」て見送ったり、いつもより大きく目を見開き、小さな身体でわたし達と同じ様に自転車の旅を楽しむ息子の姿が見れたのも忘れられない思い出です。
 


 
 

そして、程よく疲れた身体を癒すのは、やっぱり「食」なのでした

 
ライドのお供には、コッペkinuが参戦したOMMBIKEでも大活躍した、PFM新発売の焼菓子ハニーバーでエネルギー補給しました。
 

 
わたし達は引き寄せられる様に辿りついた、樹齢300年の根上り松の下でしっかり補給しました。
 
みんなのライド中にも活躍してくれたみたいです♪
 


 
1日目クライマックスのディナーは、姉妹点アーリーバーズブレックファーストの大平シェフによる料理でした。
自転車と食を愛し、そして人との繋がりを大切にする彼の料理は湖岸の食卓にたくさんの笑顔の花を咲かせていました。
彼の思いが綴られた文章を読んだら、きっと彼の料理が食べたくなって、彼に会いたくなるはず。
 

 

 

 
日に焼けた顔で乾杯とグラスを合わせ「食」を共にすれば、たちまちお互いの距離がグッと近づきます。
 

 
蒸し暑い夜だったけれど、光が少ない湖岸の夜空は星がとても綺麗に見えて心が安らぎ深い眠りにつきました。
 
 

キャンプの朝はやっぱりホットサンド! 食パンはもちろんPFM

2日目の朝は、アリバのあっちゃんと西パンが丁寧に淹れてくれたコーヒの香りで目が覚めました。
仕事が終わったらPFMに来てバリスタみゆみゆから美味しいコーヒの淹れ方を教えてもらっている一生懸命な姿を見ていたので、笑顔で珈琲を淹れている姿やみんなの「美味しい〜」の一言が自分の事の様に嬉しかったです。
お豆はガレージコーヒーカンパニーのホンジュラス。
朝日に照らされキラキラと輝く美しい水辺の朝ごはんは、ホットサンドをみんなで作り食卓を囲みました。
その場の雰囲気をスパイスに美味しさをギュッと詰めこんだホットサンドを一口食べれば、笑顔が広がり、素敵な1日になる予感が満載です。
 
PFMの食パンはキメが細かく、香りが良い。ベーカーkinuのこだわりと愛情がたっぷりと詰まっています。厚切りトーストも美味しいけれど、ホットサンドとの相性も抜群でした。是非、お試しあれ。
 


 
エネルギーをしっかりと充電したら、浜松の魅力とnaru蕎麦さんでの乾杯を目指して再びペダルを踏みます。
 
わたし達は、うなぎパイファクトリーを見学をし、さわやかでランチを食べ、銭湯愛好家の仲間に教えてもらった銭湯で汗を流しゴールを目指しました。
個人的に銭湯みよし湯がとっても良くて、再び訪れたいと思ったし、「銭湯」が気になりだしましたw これから旅に出る時はチェックしよう。情報お待ちしてます!
 

 
2日間のゴールはnaru蕎麦さんで乾杯。
店内のありとあらゆる所に目が奪われる魅力がたくさん詰まったお店でした。
料理は、、、言わずもがな。
美味しすぎました。
また、絶対に訪れたいな。
 


 
2日間の旅で感じたことは、自転車に跨り、今しかできないスタイルで旅に出れば、新しい出会いがあり、再び訪れたい場所ができるということ。
そうやって世界が広がる事は、毎日に彩りを添え、心が豊かになることだと私は思います。
 
限りある人生の中で、「今」をやっぱり大切にしたいから、今しかできないことに目を向けチャレンジしたい。
わたしはこれからも、ヒトとヒトを繋げる自転車がある暮らしの中で日々を送り続けたいです。
また、自分自身もお店も「会いたい、訪れたい」と思ってもらえるように磨き続けたいと思います。
 
魅力がたくさん詰まった、ライドアライブのレポートがそれぞれの目線で今後アップされます。
一読したら、あなたもきっと「今しかできない旅」に出たくなるはず〜♪
楽しみですね。
 
最後に、「水辺の夏休み」で一緒に遊んでくれたみなさん、スタッフの皆さん、楽しい夏をありがとうございました。
また、一緒に旅ができる日を楽しみにしています。
その時は、息子が自分でペダルを踏んでいたら嬉しいな。
 
パティシエkaz

COMMENT