美食に彩色を施す
INFO
2017/11/10

美食に彩色を施す

美しい食事はお腹を満たすこと以上に、人の心を幸せな気持ちで満たしてくれる。

こんにちは、パティシエkazです。
先日、姉妹店EARLY BIRDS BREAKFAST店主、大平シェフとケータリングの仕事を一緒にさせて頂き、食べて美味いの先にある、魅せる美しさを学びました。

料理、ディスプレイを大平シェフが担当し、私はデザートを作らせて頂きました。
打ち合わせで決まったケータリングのテーマは「ブランド発祥地のカナダ色を出したケータリングにすること」

この時点で、シェフの頭には美しい食卓が描かれていたのでしょう。
デザートのリクエストはすでに決まっていて、カナダの伝統菓子ナナイモバーとアップルクランブル、色味が愛らしいベリーのパンナコッタの3種類でした。
パンナコッタとアップルクランブルはとびきり美味しいのを作れる自信があったから、大丈夫。
ただ、ナナイモバーは、、、。
食べたこともなければ、聞いたこともないお菓子。調べるところから始まり、配合とにらめっこをし、味を想像しながら試作を重ね、PFMオリジナルナナイモバーを完成させたのです。

ナナイモバー
カナダの港町ナナイモは炭鉱の町として昔栄えており、重労働の炭鉱夫を支える為に効率的にエネルギーを摂取できるものはないかと考えて創作されたお菓子。
甘いだけじゃないお菓子にするために、アクセントにお塩を加え、2層目のバタークリームに軽さと口溶けの良さを出しました。

ベリーのパンナコッタ
パンナコッタはカナダの国旗をイメージして、赤と白で仕上げました。
生地はほんのりバニラを効かせクリーミーな仕上がりにし、さっぱりとしたベリーソースと合わせました。

アップルクランブル
カナダでポピュラーに食べられているアップルクランブル。
タルト生地の上にコンポートしたリンゴをのせ、焼き込んだシンプルなお菓子。
旬のリンゴの美味しさを感じられます。

私はそれぞれ、色味、形、食感が違う3種類のカナダをイメージしたデザートを用意しました。

美食に彩色を施す
美味しい料理やデザートに彩りが加わると、しばらく見とれてしまい口にする前から心がときめき、満たされます。
魔法のように彩りを添えたのが、大平シェフとTUMBLE WEEDの幸太郎さん。

段差を利用し動きあるディスプレイは大平シェフが設計し大工さんと共に作りあげたもの。そこに食事を美く見せる四季の花が活け込まれて、見て楽しむことからはじまる食事が完成したのです。

そして、現場に立つ人が空気感を作りあげる。
私は当日現場に行けなかったですが、バリスタのみゆきちゃんがドリンクを担当し、PFM自慢の笑顔で温かな空間を作っていた光景が目に浮かびます。

たくさんの学びがあるお仕事をさせて頂き感謝です。
今回の経験を活かし、これからも新しいことにチャレンジしていきたいと思います。
そして、特別な時に限らず、日常にも細やかなことに彩りを添えれるようにしていきたいです。

お声を掛けて下さった大平シェフ、yoshi47さん、ありがとうございます!
実は、yoshi47さんのイラストのファンなので、いつも以上にテンション上がりめでお菓子を作っていたのは、ここだけの話ですw

パティシエkaz

COMMENT